×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサードリンク

グラフィックカードとは

グラフィックカード(ビデオカード、グラフィックボード)とは、コンピュータが動画などの映像を処理して配信できるようにする周辺機器のこと。グラフィックカードの性能によって、どれだけキレイな絵を画面上で表現できるか、グラフィックを高速に動かせるかが異なってくる。通常のPC操作では問題ないが、PCをゲーム、DVDなどの用途で利用する場合は、グラフィックカードは必須。最近のPCゲームでは高度な3Dグラフィックが使われているようなたものが多いため、グラフィックカードがより重要になる。
「Windows Vista」では、デスクトップ画面が3D表示であるため、グラフィックカードは必要。
グラフィックカードはビデオカード、ビデオボード、グラフィックボード、略称では、グラボ、VGAなど。

グラフィックカードの取り付け方

グラフィックカードの取り付け;グラフィックカードは「AGP」、「PCI」という場所に取り付けられる。
AGPはマザーボードの中央付近にある茶色の細長い取り付け部分で、この部位にグラフィックカードを差し込む。多少硬い場合は、力を入れてグラフィックカードをしっかり差し込む。PCIは白色で細長い取り付け部部で、AGPの左にある差し込み部分。
グラフィックカードにディスプレイを接続するための差し込み口をPC本体の外側に来るように。PC側のカバーを外して、スライドさせグラフィックカードを入れて、ネジで止める。もしくは固定具を付ける。
それ以外では、グラフィックカードに取り付け説明書が付いているのでよくチェックすること。

スポンサードリンク

グラフィックカードについて知っておきたいこと

グラフィックカードの全体を制御しているのがグラフィックチップ、もしくはビデオチップともいう。GPUとは、Graphic Proccesing Unitのこと。CPUから送られてくる画像データをグラフィックチップが制御してデータをビデオメモリに送る。
また、グラフィックカードのドライバは、グラフィックカードの速度、安定性、対応する範囲に大きな影響がある。
そのため、グラフィックカードのドライバは最新のものにアップデートするよう心がけたい。
グラフィックカードのドライバには、グラフィックチップ配給会社のものと、グラフィックチップを使ってグラフィックカードを製造・販売するメーカーが出したものとがある場合もある。グラフィックチップ配給会社のドライバを「リファレンスドライバ」と言う。
グラフィックカードのドライバはそのグラフィックカードメーカーの出したドライバが使用される。しかし、トラブルが解決しない場合は、グラフィックチップの会社のドライバ、(リファレンスドライバ)を使う場合もある。

Copyright © 2007 グラフィックカードをより知って使いこなすお助けサイト